2021センバツ甲子園観戦記 – 好投手目白押しの1日

専修大松戸の応援にセンバツへ

千葉県の専修大松戸高校がセンバツこと春の選抜高校野球大会に関東地区代表として出場を果たしました。

毎年千葉県から出れるというものではないので、千葉県の学校から一つでも出場できることは有難いものです。

昨年はコロナで中止になったし、せっかく千葉県の学校が出場しましたので応援を兼ねて観戦に行くことにしました。

しかし、途中雨天中止の日があり、本来であれば24日に開催されるはずが、25日開催になったので、チケットを取り直したり…となかなか面倒でありました。
甲子園の全席指定化にはメリットもデメリットもあると強く感じました。

やっぱり聖地はすばらしい

甲子園に行ったのは2019年春の習志野高校が準優勝したとき以来になります。

個人的にはマリンスタジアムの方が自分がプレーしたこともあるので思い入れは深いのですが、それでも「甲子園は素晴らしいな」と感じました。

球場内外の雰囲気やそこでプレーする球児、応援するスタンドの熱量…。
「聖地」と言われるのには理由がありますね。ただ行って野球を観ただけのこちらがエネルギーを貰ったような気さえします。

観戦した感想

この日は1回戦(第1試合)・2回戦(第2第3試合)の合計3試合を観戦しました。

以下、ピックアップして感想を書いていきたいと思います。

畔柳・達・深沢… 好投手目白押し

第6日は「好投手が多かった」というのが率直な感想。この日が恵まれたこともあるでしょう。
一方で翌日に登場するのも東海大相模・石田投手、市立和歌山・小園投手ということを踏まえると、この年のセンバツは投手のレベルが相当高かったと言えるのではないでしょうか。

特に中京大中京の畔柳投手、天理の達投手は2人とも最速150キロ近く、投げ方も綺麗でコントロールも良い。
「これはドラフト上位で消えるだろうな」というのが率直な感想です。

あとは驚いたのが仙台育英の投手陣。140キロ以上投げる投手が複数おり、背番号5の吉野選手も最速146キロを記録。
これだけのクオリティの投手を複数揃えられるのが恐ろしいです。

圧倒的成長の深沢、一矢報いた専松

専松についても触れないといけませんね。
千葉県3位からの関東大会ベスト4で初のセンバツ出場。相手は大エース・畔柳擁する優勝候補の中京大中京でしたが、堂々たる戦いぶりでした。

特筆すべきは先発のエース・深沢投手。ストレートの最速も143キロ、ほとんどのボールも130キロ台後半以上まで達しており、スライダー・カーブとのコンビネーションも完璧でコントロールも乱れナシ。

中京大中京打線を相手に8階を投げ被安打3与四死球2。失点は2あるものの、ほぼ完璧に抑え込んでおりました。
その後の中京大中京は準決勝で負けた試合を含めても3試合での得点が15,6,4ということを踏まえると深沢投手のピッチングは相当なものだったと言えるでしょう。

夏の甲子園を争う、専松以外の千葉県勢としては深沢投手は相当脅威でしょうね。
木更津総合の島田投手や千葉学芸の有薗・板倉選手など、他にも目玉となりそうな選手がおりますので、この夏はより一層盛り上がりそうで楽しみです。

録音音声による応援は思ったよりもリアルだった

今回の甲子園は今までの「全校生徒を動員」みたいなことはできませんので、吹奏楽部による応援は「事前に各学校で録音したものをアルプススタンドのスピーカーから流す」という方式を採用しておりました。

中継でも「リアルすぎる」と話題になっておりましたが、確かに相当リアルでした。
ミキサーみたいな人がちゃんと操作しているようで、ヒットを打った時にファンファーレも学校別のものが流れるのも自然でした。相当気合入れて設計・運用がなされている印象でした。

甲子園で食べたグルメ

阪神甲子園球場のグルメ攻略ですが、高校野球の期間中はアルコールの販売が見合わせられていたこともあり、消化不良に終わってしまいました。

まずは「日本一美味しく感じるレトルトカレー(筆者調べ)」こと甲子園カレー。
野球場で食べるカレーは美味しいですからね。

そもそも甲子園カレーって全部レトルトなんだっけ?とは思いましたが美味しくいただきました。中辛ですがスパイスが効いております。

お次は甲子園焼き鳥です。
前述のカレーと、焼きそば、焼き鳥を合わせて「甲子園3大グルメ」というそうです。

注文を受けてから焼いてくれました。
ぷりっぷりの焼き鳥に焦げ目の香ばしさが加わり、美味しいです。400円ですが普通の焼き鳥の倍以上の大きさがあります。

お次は甲子園からあげ。
これは三大グルメではありませんが購入して食べました。衣や肉につけこんでいるであろうタレが美味しいです。味もしみこんでいます。

焼き鳥も唐揚げも、ビールと一緒に味わいたかったな~という感想。
これをスーパードライで流し込んだら美味かっただろうなぁ…。

あとは3試合目の後半に、最後に焼きそばを食べようと思いましたが、既に店じまいでした。残念。
閉まっている店も多くてコロナ禍を感じざるを得ませんでしたね。仕方ないです…。

甲子園隣のコロワ「まねきだこ」でたこ焼き

試合観戦後には隣のコロワに行きました。コロワは旧ダイエーで、だいたいの人には「ダイエー」と言った方が伝わると思います。
3階のフードコートでたこ焼きを食べました。

甲子園球場内では飲めないスーパードライも一緒に。
関西で食べるたこ焼きは美味しいですよね…