札幌競馬場でキーンランドカップを観戦

  • 2019年8月26日
  • 2021年9月6日
  • 競馬

※2018年8月訪問

念願の札幌競馬場へ

この札幌旅行で一番楽しみにしていたのは札幌競馬場で競馬を見ることだった。
この日は「キーンランドカップ」という重賞開催日で、レッツゴードンキという好きな馬が出るので楽しみにしていた。

私にとっては東京・中山・阪神についで4か所目のJRA競馬場訪問となった。

綺麗でコンパクトな競馬場

はじめての札幌競馬場。ファーストインプレッションは

  • 新しくて綺麗であること
  • 競馬場がコンパクトで馬との距離が近いこと

という2点を魅力を感じた。東京・中山と比べると特にその印象が強いと思う。

以下が札幌競馬場のパドック。
柵のすぐ目の前を馬が歩くので、とても馬を近くで見ることができる。

パドックだけではなく、コースも柵1枚で仕切られていて、特に芝コースはすぐ目の前にある。
これが臨場感あってよかった。東京は規模が大きい分コースはどうしても遠くなってしまうので。

f:id:abmngkr:20180913000839j:plain

ワールドオールスタージョッキーズ開催日のため、一流ジョッキーが集結!

キーンランドカップ開催日は同時に「ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」の開催日でもある。
WASJ開催日には世界中から一流ジョッキーが集結し、その腕を競い合う。日本の武豊・ルメール・デムーロなどのトップジョッキーはもちろん、海外からもモレイラなど世界を代表するジョッキーが来日した。

やっぱり一番人気は武豊騎手で、「あの武豊が札幌に来たぞ」という雰囲気を感じた。
多くのお客さんが、馬よりも武豊騎手に釘付けになっていたと思う。

ほかにはルメール騎手、デムーロ騎手、福永騎手など。海外からは香港のモレイラ騎手などが来ていました。

下の写真はデムーロ騎手。馬をなだめていた。

愛しのレッツゴードンキもパドックで超近い!

そして、私が今いちばん好きな馬である「レッツゴードンキ」もパドックに。馬体の美しさ、表情の可愛らしさにうっとりする。

連写で写真も撮りまくり。鞍上はずっとコンビを組んできた岩田ジョッキー。

お待ちかねのキーンランドカップ!レッツゴードンキは…

この日のメインレース、「キーンランドカップ」。

秋のGⅠ「スプリンターズステークス」の前哨戦とも言われている、1200mの短距離レースになる。

レッツゴードンキの馬券を買い、必死に応援しましたが結果は…5着。
馬券的中とはなりませんでした。

買ったのは香港のモレイラ騎手が乗ったナックビーナス。正直、モレイラが上手すぎてビックリした。
一方でレッツゴードンキは休み明けなのもあり、本来のパフォーマンスではなかった感じ。応援馬券のようなものなので仕方ないかなと。

次のスプリンターズステークスでは馬券内に来てほしいと思う。引き続き応援していく。

札幌勝負は、引き分け。

メインレースは外してしまったものの、前のレースで連続的中を果たし、1日トータルではトントン。
できればメインは当てたかったが、お金をかけずに遊ぶことが出来たと思えば、全然良い。

また札幌競馬場に行きたいなと思いましたし、函館競馬場にも行ってみたいと思った。
(その後行った。)