ANAで行く、北谷・沖縄アリーナ1泊2日旅行記【何もしていない】

できたてホヤホヤの沖縄アリーナへ

Bリーグ・琉球ゴールデンキングスの新しい本拠地である「沖縄アリーナ」が2021年4月にオープンしました。

そして、千葉ジェッツ内で新型コロナウイルスの感染事象が起こった影響で3月の試合が延期になり、その延期された試合が沖縄アリーナで開催されました。

仕事に余裕があったこと、試合のチケットが取れたこと、ANAマイルが十分に残っていたこと。
それらを総合的に勘案して沖縄アリーナに行くことにしました。

この記事は沖縄アリーナに行った1泊2日の旅行記です。しかしながら、このご時世を勘案し、ほとんどどこにも出かけておりませんので、内容の貧しさに関してはご了承いただければと思います。

往復はANAマイルを利用

今回も往復はANAのマイルを活用しました。

ANAアメリカンエキスプレスのクレジットカードを使っておりましたので、結構マイルが貯まっているんですよね。
(今は使っていない)

4月28日-29日は当然ながらハイシーズンでしたので、羽田~那覇間は片道で10500マイルでした。

しかし、直前に航空券を買うと片道3万円近くしますので、マイル特典航空券に空きがあったのは良かったかなと思います。

バスの時間に合わせて飛行機を予約すべき

行きの飛行機は8時30分に出発、那覇空港11時30分に到着するものにしました。
結論から言えば、もう1本早いのにすればよかったと思いました。

北谷のホテルを予約していたので、沖縄アリーナでの試合前にチェックインしたかったのですが、ちょうどよいリムジンバスがなかったので、路線バスで北谷に行くしかありませんでした。
(ちょうど11時30分にバスが出てしまっていた)

今回の旅行で得た学びとしては、空港から高速バスに乗る際は、予め高速バスの時間を調べてから飛行機の時間を合わせることですね。
特にコロナ禍ではバスの本数が劇的に減少していたので、一層注意しなければなりません。

そもそも沖縄はレンタカーを借りろと言われればそれまでです。酒飲みたかったので仕方ない。

北谷のイオンでやっぱりステーキを食べる

ホテルにチェックインする前に、北谷のイオンで「やっぱりステーキ」を食べました。

150gで税込み1000円は良いですね。赤身だと200gで1000円なのでもっとコスパが良くなります。
あとは肉の種類が選べるのも良いですね。

今回はベーシックなやっぱりステーキにしました。
あとはビールですね。昼からいっちゃいました。

ごはんやスープ、サラダなどが取り放題なので食いしん坊も満足ですね。

アツアツの鉄板でサーブされたステーキは美味しかったです。

調味料もたくさんあったので、いろんな味を楽しみました。

あとはビール。
ジョッキがキンキンに冷やしており最高でした。やっと沖縄に来た気分です。

ホテルは「 レクー沖縄北谷スパ&リゾート 」に宿泊

ホテルはベッセルホテルの「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」に宿泊しました。

7000円で朝食付きだったのですが、倍の値段でも全然不思議じゃないほど、費用対効果の素晴らしいホテルでした。
北谷エリアでホテルを検討している方にぜひオススメしたいですね。

聖地・沖縄アリーナへ

ホテルの近くにあるアメリカンビレッジからタクシーで沖縄アリーナに行きました。

まさに聖地で素晴らしい場所でした。詳しくは上の記事に書いておりますので、そちらをご覧ください。

ホテルへの帰りもタクシーで帰りました。

翌朝、那覇空港に

ホテルで朝食を食べ、近くのイオンでお土産と持ち帰りたい沖縄食材を買ったのち、バスで那覇空港に帰りました。

那覇空港に到着からフライトまでは3時間ほどありましたので那覇市内を観光することも可能でしたが、天気が悪く、かつ、弾丸旅行のため結構疲れていたので、あとは那覇空港でゆっくりすることにしました。

空港のレストランで、ソーキとラフテーと共に1杯。

飛行機はガラガラでビックリしました。
搭乗率10%いっていたのかすら怪しいと思います。それでもプレミアムクラスは満席なんですよね。すごい。

というわけで家へ帰りました。
沖縄お土産、食材をたくさん買ってきたので、しばらく自宅で楽しみたいと思います。