静岡日帰り旅行記 – マリーンズOP戦,さわやか,サウナしきじ

1年越しの静岡

仙台を拠点とする東北楽天ゴールデンイーグルスが、おそらく仙台は寒いためにオープン戦を静岡で開催しており、マリーンズ戦も3試合セッティングされていました。

話は変わりますが、私はサウナが(そこそこ)好きで、聖地と呼ばれる静岡の「サウナしきじ」にはいつか行きたいと思っていました。
本当は昨年の3月に行こうと思っていたのですが、コロナの色々があったりして、行けずにいました。

今回、ちょうど上記2つの目的が重なったので3月11日に静岡に行ってきました。新幹線こだまで日帰りし、観光と観戦の「いいとこどり」の旅行になりましたのでご紹介いたします。

酒飲みには嬉しい、新幹線「ぷらっとこだま」で往復

静岡へは日帰りで行くことにした。最後まで鈍行と新幹線、どちらで行くか迷いましたが、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」という商品が安かったので、それを利用して新幹線で行くことにしました。

JR東海ツアーズ公式HPより

これは東海道新幹線「こだま」の指定席を安くでき、かつ駅の売店でワンドリンク貰えるという商品です。缶ビールもいけます。
最近は新幹線のぞみで同様のサービスが提供される「ぷらっとのぞみ」もあるそうです。全然ぷらっとしていない気がしますが…。

ぷらっとこだまの注意点は2つ。

  • 前日までに予約しなければならない
  • 乗り遅れたらアウト(後続の自由席利用も不可)
  • 乗車券は新幹線区間のみ

旅行商品という扱い上、JRで乗車券・指定席券を購入するよりも縛りが強くなります。
その分お安く旅行できますのでぜひ利用してみてください。

今回は往復で利用しました。

行きは崎陽軒のシウマイ弁当で一杯

「ぷらっとこだま」で得た引換券を利用して、プレミアムモルツを入手しました。
あとは崎陽軒のシウマイの高いやつ「特製シウマイ」。

シウマイが肉々しくて美味しかったです。

ちなみにまだ朝8時台。旅行の日に朝から飲むプレモルがめっちゃ美味いのよ。

「さわやか」は開始と同時に受付

静岡について最初に向かったのは新静岡セノバにある「さわやか」です。静岡といえばさわやか。初めてではありませんが、せっかくなので行ってきました。

新静岡セノバにあるさわやかは朝10時から整理券を発券し、11時から開店します。
オープン戦前にさわやかに行きたかったので、10時にさわやかに着くように、早起きして来ました。

おかげで2番目の整理券をゲット。開店直後に入店できるようになり、タイムロスを減らすことができました。
ちなみに開店・11時前にはもう1時間待ちになっていました。すげえ…

10時にさわやかの整理券をゲットし、11時の開店までの時間は、近くにある駿府城公園を散歩していました。
売店で「ビール・おでん」という文字列があって、とても魅力的でしたが、さすがに飲みすぎになるので自重しました。

さわやかで名物「げんこつハンバーグ」を食べる

11時ちょうどにさわやかに入店。キッチリ整理券番号順に呼ばれるので、2番目に入店することができました。
名物の「げんこつハンバーグ」とプレモルを注文しました。

げんこつハンバーグは店員さんがこのように切ってくれます。

牛肉100%、「肉粒感」にこだわったというハンバーグの中はレア感も残っており、生肉好きの私にはたまりません。

牛肉250gなので、結構ボリュームがあるのですが、すぐに完食。
11時20分にはお店を出ることに成功しました。

草薙球場でオープン戦「ロッテvs楽天」

新静岡駅から静鉄で県総合運動場駅まで移動。そこから草薙球場までは徒歩5分ほどでした。
駅から近いのは有難いです。

空いていたので、かなりの良席を確保。
おかげで、高校野球を観ているかのような見やすさでした。

試合には負けましたが、マリーンズの選手・プレーを近くで観ることができたので良かったです。

詳しい球場の様子・観戦記は別の記事で紹介したいと思います。

試合後は「サウナしきじ」に

試合後は草薙球場から新静岡駅まで静鉄で、その後バスに乗り換えて「サウナしきじ」へ行きました。
この移動が地味に大変だったんで、次は草薙球場からしきじまでタクシーで行くと思います。笑

サウナしきじ 単行本(ソフトカバー) – 2020/9/29

全国のサウナ好きが一度は行きたいと思う「聖地」。

入り口には数々の芸能人のサインがあり、その中には終身名誉マリーンズファンでお馴染みの嵐・相葉雅紀のサインもありました。
お忍びで結構来ているそうですね。

しきじの特徴は天然の湧水を使った水風呂。水質が柔らかく、飲んでも美味しいというこの水をすべてのお風呂、料理、タオルなどの洗濯に使っているそうです。

サウナしきじホームページより

そんなサウナしきじ。初訪問でしたが、最高でした。
1日の記憶がぶっ飛ぶほどのインパクトでございました。こりゃ皆こぞって静岡に行くわ、と。

表現がとても難しいのだが、よく「水が柔らかい」「刺々しくない」とか表現されるが、まさにそんな感じ。
とにかく「気持ちええええええええええええええ」と思いながら、水風呂とサウナ、水風呂とお風呂を合計1時間ほど往復してきました。

温度が高い「薬草サウナ」は人を選ぶと聞いていましたが、私はとても気に入りました。においの強い薬草サウナから、透き通った水風呂に行くのは素晴らしかった。
サウナが好きな方には、ぜひ行ってほしいと思います。マジで。

新幹線前に食料・お土産調達

本当はサウナしきじに行ってから帰るまでに飲食店に行ければと思っていましたが、時間が微妙だったので諦めました。

代わりに、マリーンズを担当する日刊スポーツ・金子記者がツイートしていた「あみ焼き弁当」を買いに行くことにしました。

あみ焼き弁当を売る静岡弁当は静岡駅から歩いて5分強。注文後、すぐに出してくれました。

あとは駅ビルにある売店でお土産を購入し、「ぷらっとこだま」の引換券を利用して缶ビール(静岡麦酒)も調達しました。

帰りの新幹線で暴食

購入した食料および静岡ビールは新幹線で召し上がりました。

静岡弁当で買った「あみ焼き弁当」「幻のカツサンド」、静岡の駅ビルのスーパーで買った半額のお刺身、それからサッポロビールが静岡限定で販売している「静岡麦酒」です。

まずはあみ焼き弁当。めちゃめちゃ美味しかったです。
タレを絡めた豚バラとご飯というシンプルな組み合わせですが、タレも美味しく、肉も香ばしく焼かれており、ごはんも合わせてビールのおつまみになります。

カツサンドはキャベツが山盛りで驚きました。食物繊維が取れますね。
肉は柔らかくてこちらも美味。
もう完売していたので買えませんでしたが、この感じだとより肉が厚い「三元豚のカツサンド」の方が格段に美味しい気はしますので、次はそちらを食べたいと思います。

あとは半額で250円とは言え、刺身が美味しかった。特にマグロは美味しく、さすが静岡だなと。

というわけで東京へ帰りました。
いっぱい飲み食いしましたが、18キロ歩いてサウナにも入ってるので、実質ゼロカロリーだと思います。