新千歳空港からバス一本「ノーザンホースパーク」はまさに競馬のテーマパーク

※2018年8月訪問

札幌・小樽旅行も最終日。

1日目に競馬に行った私は、最終日に「馬のテーマパーク」こと、ノーザンホースパークに行ってきた。
ちなみに私は競馬が好きでこの旅行の目的の半分は札幌競馬場に行くことだった。

競走馬のほとんどは北海道で生まれて育つ。そのため競走馬を抱える牧場は観光地になったりもしており、ノーザンホースパークはそのひとつに数えられる。
競馬好きとしては外せない観光スポットなのだ。

ノーザンホースパークとは?

ノーザンホースパークとは、「馬と自然とひとつになる、Brilliant Moments~輝く時間」をテーマに、ポニーショーや乗馬や馬車などをはじめとした「馬と触れ合うコンテンツ」や、サイクリングやスポーツなど自然を楽しむことができるアクティビティなどが揃っている。

競走馬生産育成牧場のリーディングファームであるノーザンファームを母体としており、日本の馬事文化の発展を担うほか、競走馬の「セカンドキャリア」を充実させる役割も担っているのだ。

場内には馬、馬、馬…とにかく馬がたくさんおり、競馬ファンや動物が好きな方にはたまらない施設となっている。

アクセス:新千歳空港からバスで20分ほど

ノーザンホースパークは新千歳空港からバスで20分ほど。

無料のシャトルバスが出ているので、早めに新千歳空港に入り、フライト前に寄ることも可能だ。
今回私はフライトの4時間前に新千歳空港入りして、2時間ほどノーザンホースパークに滞在して、新千歳空港に帰って予定通り飛行機に乗れた。

 入園チケットはバスの中で購入する

車で行くときはパークの入口で入園料を払って払うシステム。

しかし、バスで行くと入り口を突っ切ってしまうため、一旦入り口でスタッフがバスに乗り込んで、入園料の精算を行った。

こんな感じなので、たぶん現金を持っていないと…って感じになると思う。

ポニーショーを満喫

ノーザンホースパーク園内に到着すると、ポニーショーが開催されていたので、急いで向かった。

ポニーのムサシくんがボール蹴ったり、飛んだり、立ち上がったりしていた。

小さい身体を目一杯使ってショーをする姿は可愛かった。実にハートウォーミングだった。

ショーが終わった後のムサシくん。

お客様との交流の間に、外の芝生を無限に食べていました。フードファイターかってくらい食べ続けていた。お腹は壊さないのだろうか…

「ひき馬」で、馬の上に乗る

ノーザンホースパークは乗馬をはじめ、馬と戯れるアトラクションが数多くある。

その中のひとつ「ひき馬」とは、乗馬体験のようなもので我々は馬の上にまたがり、スタッフさんがその馬を引いて歩いてくれる、というものだ。

ひき馬を担当する馬がたくさんいてビックリした。

今回乗ったのはブロッサムだった。

ひき馬はすごい良かったですね。馬の上にまたがって進むのは気持ちよかった。

ゆっくり歩いているだけなのに、意外とバランスを取るのが難しいなあと思った。
馬の上に乗って猛スピードで駆け抜けるジョッキーって本当に天才なんだなと思う。

今回は利用しませんでしたが、馬車もあった。

ノーザンホースパークは車が通る感覚で馬が通るので面白かった。まさに馬のテーマパークだなと。

かつてのGⅠ好走馬とご対面

ノーザンホースパークには、パーク内で働く馬の厩舎がいくつもあって、いろんな種類の馬がいる。

その中にはサラブレッドもいて、かつて競馬のビッグレースにも出場した馬もいた。

しれっとGⅠ馬もいてビックリした。

「騸馬」というのは、去勢した馬のことで子供を生めない。だから華々しい成績を残しても子孫を残す「種牡馬」にはなれずに、乗馬になるケースが多いと聞いた。

第3厩舎には、私も馬券を買ったことがある馬がいた。

まずはラストインパクト。

ジャパンカップで2着になったほか、ドバイでも3着になった馬。競走馬全体の中でもトップ中のトップを走っていた馬だ。

ドバイのレース、私もテレビで見てたなぁ。懐かしい!

次はカレンミロティック。

天皇賞や宝塚記念で2着、3着に入っており、GⅠでの勝利はないものの「善戦マン」としてファンも多かった馬だ。2016年の天皇賞で2着になったレース、ハナ差僅かに勝ったのはあの「キタサンブラック」だ。

あのキタサンブラックにあわや勝ってしまうところだった。現役期間が長い馬で、その間コンスタントに活躍してくれた馬でした。馬主孝行この上ない。

いやあ、カレンミロティックに出会えるとは!感無量でした!

ほかにもセレクトセールの会場になってる乗馬場があったりした。

競馬が好きな人も、そうでない人も

ノーザンホースパーク、素晴らしい施設だった。

私は競馬が好きなので、これだけ馬がいるだけでもテンションが上ったのですが、競馬が好きではない方にもポニーショーや馬車などで楽しむことができると思う。子供の教育としても良い場所だろう。

ほかには今回は出来ませんでしたがサイクリングもでき、広い園内を駆け回ることができる。バーベキューもあった。

空港からのアクセスもよく、大人からお子さんまで、幅広い方におすすめできる施設なので、ぜひ北海道に旅行に来た際は立ち寄ってみて欲しい。